11月は、労働保険適用促進強化期間です!



 労働保険とは、労災保険と雇用保険の総称で、労働者の生活の安定、福祉の増進等を図ることを目的に、国が直接管理運営している保険です。農林水産業の一部を除き、労働者を一人でも雇用する事業については、法人・個人を問わず加入が義務づけられております。
 厚生労働省では、「未手続事業の一掃」を年間を通じた主要課題と位置付けた上で、11月を「労働保険適用促進強化期間」とし、集中的に広報活動を展開し、労働保険制度のより一層の理解、周知を図ることとしております。
 労働者が安心して働ける職場となるよう、まだ労働保険に加入していない事業主の方は、速やかに最寄りの労働基準監督署または公共職業安定所(ハローワーク)でご相談ください。




  問い合わせ先
    厚生労働省北海道労働局総務部労働保険徴収課(011−709−2311)
    旭川労働基準監督署(0166−35−5901)
    旭川公共職業安定所(0166−51−0176)




当旭川地方労働基準協会は、労働保険事務組合として労働保険の事務代行を行なっております。コチラをチェック